オメガ3脂肪酸 油

オメガ3脂肪酸の油って何が違うの?何が良いの?

油と聞くと、あまり良いイメージがしないという人は多いのではないでしょうか。特にダイエット中の人などは「油は大敵!」のように感じるのかもしれません。しかし油といってもさまざまな種類があります。

 

食用油はいわゆる「脂質」です。脂質は三大栄養素の中の一つであり、人間が生きていく上で重要なエネルギー源でもあります。油は上手に摂取していくことで体に良い働きをもたらします。

 

特にオメガ3脂肪酸は中性脂肪を減らすとも言われています。まずは油の種類について解説していきます。

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

食用の油は大きく分けると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二つに分類されます。よく聞く名前ですが、どんなものを指しているのかがさっぱり分かりません。まずは飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二つの脂肪酸についてお話しします。

 

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は常温になると固形に固まるものが多いです。バターやラードなどは飽和脂肪酸です。牛や豚の脂身などの動物性油は飽和脂肪酸に含まれます。分かりやすく言えば、肉類ということですね。

 

>飽和脂肪酸は人間の体の中で自ら作り出すことができる油です。

 

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は常温になると液体になるものが多いです。植物性油や魚の油などが不飽和脂肪酸となります。分かりやすく言えば、飽和脂肪酸が肉類ならば不飽和脂肪酸は魚ということになります。

 

不飽和脂肪酸はオリーブオイルや亜麻仁油などがよく知られていますね。不飽和脂肪酸はさらに、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分類されます。

 

多価不飽和脂肪酸は「必須脂肪酸」とも言われているもので人間の体の中で作り出すことができない油です。しかし「必須」というような体に絶対に必要な油なので食べものなどから摂取していく必要があります。
(参考URL http://www.udos-oil.jp/cat129/syurui.html)

 

オメガ3脂肪酸って何?

不飽和脂肪酸は「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」「オメガ9脂肪酸」とさらに細かく分類されます。オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は体内で作ることができない油で多価不飽和脂肪酸です。オメガ9脂肪酸は体内で作り出すことができる一価不飽和脂肪酸です。
よく耳にする機会の多いオメガ3脂肪酸というのはどんな油なのでしょう。オメガ3脂肪酸とされる代表的な油は「αリノレン酸」「DHA」「EPA」です。

 

αリノレン酸は体内に入ることでDHAやEPAに変換されます。DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は青魚に多く含まれている油です。

 

オメガ3脂肪酸の何が良いの?

オメガ3脂肪酸のDHAやEPAは、悪玉コレステロールを減少させて善玉コレステロールを増やす働きをします。

 

中性脂肪を抑制したり減少させる効果も期待できます。

 

DHAやEPAは「さらさら成分」とも言われることがあり、血液をさらさらにし血行を良くすることで血圧を下げたり血栓のリスクを低下させる働きも期待できる健康成分です。

 

オメガ3脂肪酸は油といっても、ただ太る油というわけではないのです。オメガ3脂肪酸を上手にとりいれていくことでダイエットのサポートなどもできるのかもしれません。

 

 

オメガ3脂肪酸 油