オメガ3脂肪酸 食べ物

意外と知らないオメガ3脂肪酸が多く含まれている食べ物

健康や美容に良い脂肪酸であるとされて注目されている「オメガ3脂肪酸」。意識して摂り入れていて、オメガ3脂肪酸の勉強が済んでいる人ならばどんなものなのか分かりますが、これからオメガ3脂肪酸を意識して摂り入れていこうという人にはどんなものなのか、どんな食べ物に含まれているものなのか分からないものだと思います。

 

オメガ3脂肪酸が豊富に含まれている食べ物といえば魚が有名です。青魚に含まれているDHAとEPAはオメガ3脂肪酸と言われている成分です。オメガ3脂肪酸を含む食べ物は魚以外にもたくさんあります。

 

オメガ3脂肪酸はナッツ類に含まれる

オメガ3脂肪酸が含まれているナッツ類といえば「くるみ」です。アーモンドやピーナッツ、ピスタチオなどにもオメガ3脂肪酸は含まれていますがごく少量です。

 

くるみに含まれるオメガ3脂肪酸の量は他のナッツ類と比べて、とても多いです。ナッツ類でオメガ3脂肪酸を摂り入れていこうとしている人は、くるみを選べば間違い無いということです。

 

くるみも含めナッツ類にはα-リノレン酸が豊富に含まれています。α-リノレン酸は体内に摂り入れることでDHAやEPAに変化する脂肪酸です。ナッツ類のα-リノレン酸は結果的に、魚に豊富に含まれているDHAやEPAと同じ成分になるということです。魚嫌いな人におすすめなような気がしますね。しかしナッツ類は食べ過ぎてしまうと体脂肪として蓄積されていくので肥満につながります。適度な量を食べていきましょう。

 

オメガ3脂肪酸は亜麻仁油に含まれる

亜麻仁油はフラックスオイルとも言われている油です。亜麻仁油を普段からよく使っているという人は少ないと思いますが、最近では健康や美容を意識している人たちから注目されている油です。

 

亜麻仁油は亜麻という植物の種子の亜麻仁から抽出している油です。亜麻仁油は成分の5割から6割がオメガ3脂肪酸であるものなので少量でオメガ3脂肪酸の必要量を摂取することができます。亜麻仁油は熱に弱く酸化しやすいものなのでしっかり密封して冷蔵庫で保管する必要があります。食べ方としてはそのままの状態でサラダなどにかけて食べるのが良いですね。

 

オメガ3脂肪酸はエゴマ油に含まれる

エゴマ油はごま油と思われがちですがシソ科の植物の油です。昔から油として貴重なものとして扱われていたようですが、最近ではオメガ3脂肪酸が含まれているということで再び注目をされるようになりました。

 

エゴマ油も亜麻仁油と同じで成分の5割から6割がオメガ3脂肪酸で、熱に弱く酸化しやすいものです。エゴマ油に関してもやはりそのままの状態でサラダなどにかけて直接飲むような形で摂り入れていくことをおすすめします。
(参考URL http://www.guide-omega3.com/food_oil/linseed_oil.html

 

 

オメガ3脂肪酸 食べ物